テーマ:家族達

父の夕食

父のゆで玉子。 新しい卵だとよくあることですが、ここまでひどくなるか? ……残念です(笑)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほおづき市行きました

浅草寺のほおづき市に行ってきました。 ほおづき市の日にお参りをすると 四万六千日分のご利益があるんだそうです。 なんというか 日本らしいというか江戸らしいというか(笑) 由来までは解りませんが 以前来たときは母と二人で祖母とわが家用にほおづきも買って帰りました でも うまく育てられず、ひと夏で枯れてしまい 種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所の銭湯。

わが家の風呂給湯器が壊れた。 シャワーも風呂も一切の湯が出ない。 バイトのシフトがすべて遅番なので、家に帰り着くのは大体11時40分。 家の近くの銭湯は昼の3時から10時まで。 なのでバイト日は家の鍋で湯を沸かして、行水のようなことをしている。 それはまぁ大層面倒臭くて 打つのも面倒臭いので (今は携帯で打っているので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「HOME愛しの座敷わらし」観ました!

昨日、ゴールデンウィーク的(平日だけど)なことをした。 弟は連絡がつかなかったのであれですが 父母と三人で映画を観た。 母が待ち侘びていた 「HOME 愛しの座敷わらし」 を観てきた。 荻原浩さんの原作を母が読んで面白かったんだそうで いつも数時間はかかる月末棚卸しのデータ入力を (最終的に音を上げて私に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

初詣

今日浅草寺に初詣に行ってきた 平日だから空いてるでしょう、ということで両親と三人で行ってきた。 揃いも揃って阿呆である。 今日は祝日だ。 とんでもなく混んでいた。 一応雷門は潜って、すぐに脇道に逸れて本堂まで向かった。 浅草寺はそう遠くないので、僕らには仲見世にあまり用はなかった。 混雑の中三人とも無事賽銭を投函でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の父。

明けましておめでとう御座居ます アップするのが久しぶりすぎて、最早誰も読んでいない気がしますが…… まぁ良いです。 気ままに。 今日は父方の祖父の家に行った帰り道です。 父と二人で。 母は仕事で、弟は自分の家の大掃除をしている筈。 昨日は母方の祖母に逢う予定だったのですが、僕の休みが取れなくて 行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休日診療

ほぼ声が出なくなった。 さらさらに乾燥した空気の中で大声をだし続けたせいだとおもう。 発熱はしていない。 体も痛くない。 喉も痛くない。 ただ、声がでない。 接客業なので、元気でも声が出なければ話にならない。 ので 昨日の夜、久々に休日診療所に行ってきた。 一年以上前にも いきなり高熱が出て、行ったのだが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

i'm sorry for my grandma.

本の感想をまとめてアップしてみました。 読んだあとの数行だけの感想メモと朧げな記憶を無理矢理引き出して纏めました。 頑張ってあと5冊ぐらいはあげます。 祖母が亡くなって、 バイト先から通夜と葬式の二日間休みを貰ったら 四連休。 久々のまとまった休みだけれど なにも考えまいとして 昨日の夜は黙々と本をめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記憶の中の道

いつも物凄い暑い日だったような気がする。 鎌ケ谷の駅を下りて、延々と歩いた。 祖父母の家は駅から遠くて、バスも本数が少なかったから不便だった。 日差しを遮るものもなく、皮膚がチリチリと焼けていくのが解るような、いつもそんな日に歩いていたような気がする。 お正月にだって歩いているのに。 今日だってこんなにちりちりと日差し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日、曇り空がぼろぼろと雨を降らしているのに、 虹が出ていた。 空は不安を垂れ流して土気色だったし、不穏な天気だったのに、 出かけよう、そう思ってベランダを開けたら虹が架かっていた。 最初は地面とつながる両端だけしかなかった。 綺麗に見えそうになくて、それでも、その不思議な空気に立ち去りがたくぼんやりしていた。 あの虹が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遅れましたが、明けましておめでとう御座います。

新年、初めてのパソコンからの更新なので ハツモノでも並べてみようかと思います。 ■初夢■ 忘れちまいました。 めでたいものは出てこなかったけれど、何となく、淡くて居心地の良い夢だった気がする。 ■初日の出■ 四時まで粘ったのにダウンしました。 ■初音楽■ Good Charlotte かSmashing Pu…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

年を重ねる。

今日、本当はカメラを持って出かけるつもりだった。 でも、 写真を撮る目的で出かけるとなると、なかなか難しい。 日常を撮りたくても、そう簡単にはいかない。 結局、父の寝転がっている写真を一枚撮って、カメラは仕舞った。 カメラの軽さが、オモチャカメラであることを伝えていたし、 小さなレンズに納まった父がまた、ちょっと滑稽だった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機械音痴

昨日、三年ぐらい前に購入した自分のノートパソコンに入っているxpを更新した。 自分はパソコンはもちろん、機械は得意ではない。 Excelはバイト先で必要な分しか出来ないので、演算は出来ない。 ビデオデッキは二回壊した。 目覚まし時計は五個壊した。 どうして丁寧に扱っているのに壊れるのか解らない。 (最初のビデオデッキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壊れた!

甲高い悲鳴を聞いた気がして目が覚めた。 慌てて時計を見たら。 ぴったり深夜二時だった。 怖すぎる。 どうせ、書いたのだから、事の顛末でも書いておこう。 オトウトは家を出ることになった。 進学はせずに就職を選び、お金が溜まり次第返す条件で、叔父に頭金を借りて 一人暮らし。 って行っても実家か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カゾクに胡坐。

トモダチとやらもそうだけど。 カゾクっていうのは、何かお互いの間に特別なものが存在するのだと思ってた。 家を追い出されても 殴られても 出て行かれても 僕には帰る場所も、カゾクも一つしかなかった。 一人暮らしの単語が珍しくなくなったこの歳になっても、なんとなくそう思ってた。 恨んで許せなくてもハハはハハだし。 可愛く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アザ

空が曇ってるけど風が気持ちよくて、 気持ちの良い場所にいるのに 何でここにいるんだろう 何て考えてる。 何処に立っても同じ事を考える。 多分、答えは出ない気がする。 理由はないけど。 腕と頬に痣が出来た。 久しぶりに。 でも躰に残る痕跡よりも 言葉のが染みている。 自業自得の結果だけど、あの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閉め出し。

携帯の電源を切り、 眼鏡を外し、 僕は外に出た。 ぼやけた視界。 繋がらない電波。 奇妙な安心感が広がった。 その安堵に自分の影を見る。 世界の明確な輪郭がなくなると、そこは完全に私だけの場所になってしまう。 なんだか、無性に笑いたくなったけど、 そこで笑ったら本当に周囲に白い目で見られるので、我慢。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆらぎ

淡白な日常。つるりとした心。 多分、今それに起伏が起きているんだろう。 ゆるくゆるく、何かが揺れる予感を沢山含んで。 創作している最中には刺激になって良いことなんだと解っていても、 久々にゆらぐと、日常の不規則とはいえ僕なりのリズムが崩れておぼつかない。 ボンヤリと従業員食堂でご飯を食べていたら 「大丈夫? 疲れ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

流行

僕は、小さい頃からある流行を取り入れるのは得意だった。 流行病。。。。 ってわけで、ウイルス性胃腸炎、簡単に言えばノロウイルスにかかった時のことを書きます。 お陰で、大分トイレとも仲良しになりましたね。 初めて点滴されて、もう二度としたくないと思いました。 体内に何かが流れ込む感じ。要は注射をし続けてる感じが駄目で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

崩壊

ただ一つのバランスが崩れたって絶滅してしまう。 それを知っていても、一つの死に気持ちが折れそうになる。笑っていようと思っていたい。 笑っていよう。 笑っているほうが良い。 関係ないけど、笑ったほうが癌細胞に良いって本当かな。エイズにはあるビタミンが効くとか、ある漢方が効いたとかいう記事を読んだ。でも、それだって、かかったら確…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ずっと書いてれば良かった。

この前のおじいちゃんについて考えながらブログを書いて、電源を切った途端訃報が届いた。 死んじゃった。 泣きながらかけてきたおばさん 母を起こして代わったが、何の感慨もない感じで再び母は寝た。 僕は、祖父についてあと5分書いてれば、5分長らえて、おばさん達は間に合ったのかナって思った。 どうすれば良いんだろう。 どうす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皆離れていく。

今日、祖父母の家に行ってきました。 祖父は、元旦に生死をさまよってから意識がありません。 人は倒れると、どうしてあんなに変わるのでしょうか。 倒れるのは初めてのことではありませんでした。だから、三箇日持つかどうか、と云われていましたが、奇跡的に持ちこたえて、反応は返さないものの、戦っています。 僕は、この祖父が大好きでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more