冬の朝

何だか静かでハッピーな朝だ。 雨上がりの朝は、気分がいい。 日差しと、空気と、乾き始めた地面全部が優しい気がする。冬の冷たい空気が体に染み込んできて、かすかに体の芯が震えている。 冬なんだ。 そんなことを実感する。 でもそんなことすら気持ちがいい。 良い朝だ。 別に新しいことなどは起こらない。 昨日と同じ場所で同じことをする。 睡眠不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Again

黒くて暗い気持ちがあふれてきて もう二度と戻れないだろうと思っていた場所に 引っ張られてる感じがする。 もう二度と 還らないと思っていた 息苦しくもきれいな場所。 さようなら、という言葉が響く。 似ていて非なる環境。 あの頃の仲間はもういない。 今日の場所に親しく思う人がいないことを自覚した。 どうでも良い。 どうでも良い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Again

黒くて暗い気持ちがあふれてきて もう二度と戻れないだろうと思っていた場所に 引っ張られてる感じがする。 もう二度と 還らないと思っていた 息苦しくもきれいな場所。 さようなら、という言葉が響く。 似ていて非なる環境。 あの頃の仲間はもういない。 今日の場所に親しく思う人がいないことを自覚した。 どうでも良い。 どうでも良い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素敵なことと嫌なこと。そのバランス

風が気持ち良くて、晴れていた今日は洗濯物を干しているだけでうきうきしてしまった。 最近嫌なことはものすごく嫌だ。 考えるとイライラして、睡魔も逃げるほど。 でも、今までは何となく色々嫌だった。 嫌だなと思うことがたくさんあったけれど、どれもこれも無視してしまおうと思えば、自分のなかで意識の外に追いやることができた。 今は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

001雨上がりの朝

朝、カーテンを開けたら最高に天気が良くて 空気から雨のにおいがして、町がきらきらしていた。 昨日から出勤を考えるとうんざりした気分で、睡眠不足もあり、きっと起きたら気力を振り絞らないと出勤できないだろうと思ってた。 でも、 朝の空気を感じたくて (寝坊してたからバタバタしたけど) 身支度もそこそこに家を出た。 外は水溜まりが最高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静かな朝

朝。 吉田篤弘さんの「針がとぶ」を読みながら電車に揺られ 乗り換え駅の神戸屋でパンを買った。 店員さんはにっこりと微笑んで有難うございます、と言った。 私が出口の自動ドアの前に立つと 「いってらっしゃいませ」 といわれた。 いってらっしゃいって、良い言葉だと思った。 店員さんのとりとめのないよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一体うまくなる日は来るのか……

Nikonの一眼レフD5300で撮影。 と言ってもこれから練習して勉強して頑張ります…… 趣味を増やしてどうするかって(笑)? 緑内障になって、写真がいいなぁって思ったんです。 私が見たものを残せるから。 今日はトイカメラ機能を多様してみました。 夜景はISO感度をいじくりながら。。。 難しいです なんだか、ハッピーと標識とが噛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more